FANZA

【桜井あゆ】「出された物は残さず食べます」チャレンジに挑むあゆチャンの前に出されるエグ~い食ザーの数々!『食ザーごっくんバイキング6 桜井あゆ』をレビュー【閲覧注意】

ご飯

食ザーごっくんバイキング6 桜井あゆをレビュー

出演者:桜井あゆ
メーカー:エムズビデオグループ
収録時間:152分

ザーメンの味を生かしたレシピにあゆチャンが苦しむ!

冒頭インタビューより質問『今日は何をするかわかりますか?』桜井『ザーメンを、食べ物にかけるの。…キモチワル!誰が考えたの!?』ハイ、私のような下衆が考えました。(たぶん)

というわけで冒頭からイヤイヤモード全開の桜井あゆがさまざまな食ザーにチャレンジするこの作品。

ザーメンがかかった食品のグロさ、それに対するあゆチャンの細かいリアクション(ブルっと悪寒を感じるのがイイ!)をジックリと味わえる映像はまさに「食ザーマニア」に向けた作品となっている。

そして個人的ポイントとしては桜井あゆのキャラクターが良かった。サバサバした親戚のお姉さんといった感じで強気ながらも精一杯こちらの欲望を満たそうと食ザーにトライしてくれる姿が煽情的だ。作品内の会話一つひとつも細かく、飛ばさず見ていく下衆視聴者はさらに楽しめる作りになっている。

とはいってもやはりジャンルがジャンルだけに見る人を選ぶ事は否めないまずはサンプル動画をチェックしてみて、もし興味がでたならぜひトライしてほしい。その欲望をトコトン満たしてくれる名作である事は間違いないだろう。

★下衆(ゲス)ポイント★

・「(食ザーを)想像しただけで嘔吐いたよね…」この一言だけでイッてしまいそうになる。

・見ていて思わず目をそむけたくなる程ザーメンがエグい。だからこそ”それを食べ切らなけらばならないあゆチャン”がエロい。

・「注文したパスタにソースがないのでザーメンをかけて食べよう」…等、細かい設定がいちいちエグい。

みどころ

スタッフ曰く「徐々にレベルを上げていく」との事だが…

レベル1 コーヒーゼリー

コーヒーゼリー
まずはレベル1「コーヒーゼリー」から。といっても見ての通りすでにエグさはMAXである。
口内
口の中でかき混ぜてこの通り。ここからさらに直接”追いぶっかけ”で新鮮なザーメンを投入する。

レベル2 素パスタ

昼食
注文した昼食のパスタにソースが無い!?…というわけでザーメンソースでアレンジしてみた。
素パスタ
味のない素パスタだから100%ザーメンの味がクる。エグさも100%だ。

レベル3 ご飯

ある夫婦の光景…妻が作ってくれた朝食を仲良く食べていると、ご飯の入った茶碗を持って近づいてきた妻が一言…「ねえあなた、いつものアレ…かけてくれない?」

ご飯
じっくりと妻の朝フェラを楽しんでからのご飯ぶっかけ。パート的には美味しくいただく演技…なのだが、その眼には少しずつ涙が…

レベル4 チョココロネ

クラスのいじめっこヤンキーとゲーム勝負、負けた方は一つだけ何でも言う事を聞く。そして見事勝利!リクエストは…「ザーメンたっぷりかけたパンを食べろ!」

チョココロネ
「嘘だろ…?お前らアタマおかしいのかよ…」見ているだけで吐きそうなあゆチャン。しかし罰ゲームは絶対なのだ。
実食
いざ実食。噛むたびに溢れ出てくるザーメン…!さらに口の中にもぶっかける。あゆチャンの嘔吐きが止まらない「ウグ…ウゴ…ウォエ~~~!」

レベル5 犯されながらのザーメンディナー&ザーメン歯磨き

肉
複数の男と絡みながらの食ザー。手を使わず皿に食いつかせる獣食い。徹底的に辱めるのが下衆の極みである。
発射
もちろん発射は全て口内へ…お肉やワインと一緒にあゆチャンの体内に飲み込まれていく…
歯磨き
最後はザーメン歯磨きでフィニッシュ。頭から終わりまで全て食ザーで占められた作品であった。

まとめ

まさに究極の食ザー作品。エグさ、エロさ、女優のリアクションなどを全て映像に収め切ったといえよう。「ごっくん」とはまた違った興奮のある「食ザー」モノの良さが存分に発揮されていた

何といっても桜井あゆが可愛くリアクションも素直で明るい。だからこそエグければエグい程エロい作品が出来上がる。その証明となる名作であった。超おススメです!

DUGA