FANZA

【二階堂ゆり】父親だろうと他人だろうと関係なく喜んで子作りさせられる危険日ソープ嬢『危険日直撃!!子作りできるソープランド10 二階堂ゆり』をレビュー

危険日直撃!!子作りできるソープランド10 二階堂ゆりをレビュー

出演者:二階堂ゆり発売日:2018年
メーカー:Mr.michiru収録時間:141分

危険日ソープシリーズの異色作。絶妙なバランスの変態劇

危険日ソープシリーズの10作目であり異色作。危険日の嬢とできるソープに入ってみたら、出てきたのは実の娘だった。という考えすぎると頭がおかしくなりそうな設定だが、本作はリアルになりすぎず、ファンタジー(作り物)になりすぎないという絶妙なバランスの作品に仕上がっている。

その為結果として親父の変態願望をソープ嬢として献身的に受け止める娘という下衆ポイントに集中しながら視聴することが出来た。

★下衆(ゲス)ポイント★

・初めは当然困り顔のゆり嬢→からのソープ嬢として全力で客(親父)の相手をするギャップ

・さらに部下とも孕ませセックスをさせようとする親父

・「お客様」でなく「お父さん」と呼ばせる

みどころ

内容としてはいつもの危険日ソープのパターン。しかし冒頭の親子としてのやりとりを経て観ると全く違う興奮が浮き出てくる。

サンプル画像
「わたしの子宮は、お客様(お父さん)の子どもを妊娠したくてウズウズしております」
サンプル画像
「わたしが妊娠したとしても、お客様(お父さん)が責任を感じる必要は全くございません」
サンプル画像
「おもいっきり、わたし(娘)に中出ししてください♥」

さらに親父の連れてきた部下ともプレイ。裏切りともとれるリクエストに一瞬戸惑うゆり嬢。

しかしプロの危険日ソープ嬢として、部下とも喜んで子作りセックスに努める。

サンプル画像
「○○さんの濃~い精子、わたしの子宮にたっぷり出してくださいネ♥」

まとめ

正直この作品を観るまで、親子ものというジャンルは興味がなかった。しかし大好きなこのシリーズの新作とあってはチェックせずにはおれまい。という事で若干ネガティブな気持ちで視聴したのだが…

冒頭の親子としてのやりとりの後、そのまま仕方なく始めようとする嬢に対して「いつものように挨拶してくれよ」とあくまでプロのソープ嬢としての対応を迫る親父とそれに全力の挨拶で応じる嬢の姿を見て、とてつもない興奮を感じた。AVというのはここまで下衆な世界を造れるものなのかと感動すら覚えた(そしておもいっきりヌイた)

もちろんおなじみの妊娠淫語も大量に入っている本作、超おススメです

この動画を月額動画で見たい方はソフト・オン・デマンド ch

※月額動画について知りたい方は【下衆ブログ的】おすすめFANZA月額動画ch【まとめ】の記事をチェック!

DUGA